【転職活動】キャリアアップをしたい方におすすめの転職エージェントはキャリアコンサルティングが出来るヘッドハンターである

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

転職エージェントは、ざっくり分けると2タイプがあります。
実際にはもう少し細分化できますが、それはまた別の機会に。

今回はその2つのタイプの説明と、タイトルにもあります通り

キャリアアップをしたい方は、キャリアコンサルティングが
出来るヘッドハンターを選んだほうが良い理由

をご説明いたします。

2タイプの転職エージェントが存在する

タイプ1:マッチングビジネスタイプ

転職エージェントは、企業の求人案件のニーズにマッチする方を探して
企業へ紹介を行うためマッチングビジネスと言われることがあります。

このマッチングビジネスに特化したエージェントが多く、端的にいうと
今ある求人案件と今すぐ転職したい人を結びつける、というビジネス
モデルです。

大手企業に多いタイプです。
リ〇ルートキャリアなんかが一般的ですかね。

勿論全員が全員ではありませんが、このタイプのエージェント、
コンサルタントに多いのは「今」しか見ないタイプの担当者です。

誤解の無きよう申し上げますが、そういうビジネスモデルですので、
良い悪いの話ではありません。
売り上げ至上主義の方針で行くならばこれが一番ですからね。
人材紹介会社のポリシー、事業運営方針によるところです。

事実として、今すぐに転職したい人にとっては今募集している
求人情報を沢山見ることが出来るので、とても良いサービスに
なるでしょう。

それから、世の中に存在しているご自身のキャリアパスを正確に
把握できている方、企業の将来性など分析が出来る方にとっても
「情報」が多いという点でメリットがあります。

一方、自分に合う会社を探している人、キャリアアップとして転職を
見当されている方にとっては「何か違う」と違和感を覚えることが
あると思います。

なぜか?

マッチングビジネスタイプのエージェントは「今」しか興味が
ないからです。皆さんを「今すぐどこかの企業にあっせんする」
ことを最重要と考えているからです。

それから、「情報」は多いのですが、整理された情報ではないため、
その情報の善し悪しや意味を自分自身で判断しなくてはなりません。

タイプ2:ヘッドハンティングタイプ

日本の転職市場におけるヘッドハンターは、このところ存在感が
薄れてきてしまっていると思いますが、まだまだ存在します。
私もその一人です(笑)

キャリアアップをしたい方にとって、転職エージェントとして利用
するには最適なパートナーといえるかと思います。

以下にその理由を説明します。

スポンサーリンク

ヘッドハンターとは?

ヘッドハンターの仕事「クライアント企業対応」

ヘッドハンターの仕事は、(様々な理由で)なかなか母集団を形成
出来ない、採用が難しい募集案件を受注します。
または、人物を指定され、この方を引き抜いてほしい、と依頼を
受けます。

前者はヘッドハンターがクライアント企業のニーズにマッチする
人材を探し出してクライアント企業へ紹介します。

後者はそのままの意味で、「引き抜き」を代行します。
引き抜きにはノウハウが必要でして、転職エージェントの中でも
限られた一部のコンサルタントの方が出来る仕事でもあります。

クライアント企業に対する仕事は「ニーズに合う人材を紹介する」
ことですが、候補者の皆様にとっては全く異なるサービスが
必要となります。

重要な要素の一つはキャリアコンサルティングです。
これについてはまた後程詳しく書きますが、簡単にいうとあなたの
キャリアやキャリアプランを客観的な視点から見てアドバイスを
くれる、ということです。

ヘッドハンターも色々な人がいます

一昔前になりますが、特にヘッドハンターの評判を下げていたのが
外国人ヘッドハンターです。
英語+ゴリ押しでバンバン転職させ、短期間で荒稼ぎしたら
母国に帰ってしますパターンです。

もちろん日本人にもイマイチなヘッドハンターは多数います。
総じて言えることは、「自分の売り上げ、報酬のことしか考えていない」
ということです。

クライアント企業に入社してくれさえすれば良いので、いい話
ばかりをし、あの手この手で転職を勧めてきます。

信頼できるヘッドハンターはどんな仕事をしてくれるのでしょうか?

信頼できるヘッドハンターとは?

ここからがポイントです。
信頼できるヘッドハンターは、上に書いたように、必ずキャリア
コンサルティングが出来ます。

優良なヘッドハンターは、候補者の皆様と真正面から向き合い、
皆様にとって最適なキャリア構築の提案を行います。
そのコンサルティングの結果次第では、どんなにクライアント企業の
ニーズにマッチしている場合でも無理に勧めることはありません。
場合によっては現職に留まるようアドバイスします。
誠心誠意、皆様にとって本当にメリットがある会社・ポジションでなければ
お勧めしません。

これなくしてヘッドハンティングなんてできません。

ヘッドハンティングされる方の多くは、やはり優秀な方が多く、

「今の会社を辞める/転職をする必要がない」

方がほとんどです。

そういう状況の方にアドバイスをして、転職させるわけです。
つまり、我々ヘッドハンターは、あなたの人生の一部にかかわる重要な
仕事をしている訳です。
こういう意識をもっているかどうか、ここが信頼できるエージェントか
どうか、あなたが判断する基準となります。

まとめ

  • 転職エージェントは2タイプ存在する
  • マッチングビジネスタイプのエージェントは「今すぐ」転職したい人向け
  • キャリアアップをしたい方はヘッドハンターがおすすめ
  • 信頼できるのはキャリアコンサルティングが出来るヘッドハンターである
tenshoku_336*280
スポンサーリンク

BIZREACH

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ