【転職活動】転職エージェント活用のススメ!転職成功の秘訣は業界・職種に特化したエージェントを利用すること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

転職したい理由や希望業界、職種にも因りますので一概には言えませんが
転職活動はあなたが希望する業界や職種に特化した転職エージェントを利用することが
成功の秘訣です。

大手人材紹介会社は業界・業種・職種別に担当者が異なる(ことが多い)

リクルートエージェント

リクルートエージェント
ご存じ、リクルートエージェントです。

国内企業は勿論、外資系企業の案件も多くあります。
業界、業種、職種も非常に幅広く、また大手企業~中小企業まで、とにかく保有案件数が
多いエージェントですね。

採用企業の担当者と皆様候補者(転職を志望する方)の担当者が異なるため、企業情報の
詳細を得られなかったり、諸条件の交渉がうまくいかなかったり、というケースが
あります。それから、あなたの経歴書に書いてあるキーワードを拾って、マッチする案件を
片っ端から提案する担当者もいるので、自分には合わない案件を山ほど紹介される、という
事も良くあります。
一方で、とにかく案件数は多いので、多くの案件を見たい方や企業研究が出来る方(その
案件が自分に合う求人なのか、自分に合う会社なのかなどの判断が出来る方)にとっては
メリットも多いエージェントです。

タイトルにある通り、転職成功の秘訣として、自分の専門分野を熟知したエージェントが
いるかどうか、がポイントですが、こればかりは登録してみないと分かりません。

パソナキャリア

パソナキャリア
IT・通信・インターネット、メーカー(機械・電気・電子)、それから医療・福祉医療等の
業界に強いエージェントです。職種別では、営業が得意なエージェントですかね。

パソナグループとしての幅広いネットワークを武器に約6,000件の公開案件・約15,000件の
非公開求人があります。

大手人材紹介会社は担当者次第?場合によっては・・・?

上でご紹介したような大手転職エージェントは、正直素晴らしいコンサルタント(担当エージェント)
もいれば、イマイチな担当者もいます。
取扱い企業・案件、登録している候補者が多いので、社員数、コンサルタント数も多いのですが、
人数が多ければ多いほど、イマイチな担当者がいる確率も上がりますからね。

営業、事務、人事、総務、経理、財務などの方は大手転職エージェントがおススメ

求人の情報量はとにかく大手転職エージェント活用が有利

無数にあるエージェントの中で、どのエージェントに転職のサポートを依頼しようか、、、
転職エージェント利用を考えている方にとってはなかなか大変な話です。

営業、事務、間接部門など、あまり特定の業界経験が問われず、異業種への転職が広く
認められている職種の方は大手エージェントがおススメです。

理由は
・とにかく幅広い業界、業種の求人がある
・新規案件を見つけやすい
です。

どちらも、異業種への転職可否、転職のし易さがポイントでして、自分の経験、スキルに
マッチする求人案件がたくさんあるので、情報収集には大手転職エージェントを利用すると
手っ取り早く希望する(希望に近い)求人を見つけることが出来ます。

注意しなくてはならないことは?

営業、事務、人事、総務、経理、財務などの方は、下に書いている専門職の方々とは異なり、
転職活動において、競合となる応募者が非常に多くなります。
例えば、大手企業がシニア経理財務のポジションを1名募集したとします。
瞬く間に数百から時には1,000名以上の応募者があっという間に集まります。

面接に進む方も数十人はいます。その中から採用されるのはたったの1名です。

この激戦を勝ち抜くには、やはり転職エージェントのサポートが必須です。
担当のエージェントが、どれくらい応募企業に精通しているのか、人事や採用部門責任者と
コネクションがあるのか、がポイントです。

まだまだアナログな世界なんですよね。。。

転職成功の鍵(カギ)は転職エージェントにあり!プロのサポートと非公開求人等、「情報」がポイントです
御無沙汰しております。 久しぶりの更新となってしまいました。 2016年秋、少しずつ日本でも「転職をする」ということが一般的になりつ...

こちらで詳しく書いていますが、転職活動は、担当の転職エージェントがどれくらい応募する企業に
強いか、コネクションがあるか、すなわちどれくらい必要な情報を取ってこれるか、にあるのです。

応募する企業に強いエージェントを見つける、というのがあなたの転職を成功に導く秘訣です。

スポンサーリンク

専門職のあなたには中小転職エージェントがおススメ

研究開発者をはじめとしたエンジニア全般、マーケティング、国家資格が必要な職種などは
その道の専門である転職エージェントを利用する方が良いでしょう。
専門エリアのあるエージェントは中小企業であることが多いです。というか中小企業なので、
エリアをフォーカスして局地戦で大手転職エージェントと勝負するしかないんですよね。

営業、事務、人事、総務、経理、財務の方々は、それぞれ基本的な業務スキルを
異業種に応用することが出来ます。
従って、求人情報の「応募に必要なスキル、経験」の欄には

  • 〇〇〇の経験を10年以上お持ちの方
  • コミュニケーションスキルの高い方
  • (採用企業の)カルチャーにマッチする方
  • などなど、比較的抽象的な項目が多くなります。
    年齢、経験年数、管理職経験の有無などは個々の保有スキル、経験として分かれますが、
    同じ職種であれば異業種でも基本的な業務スキルは変わらないからです。

    対して、専門職の方は、その業界、業種でないと身に付かないスキルや経験が多くあります。
    必然的に業界経験者でないと転職が難しくなってしまうんですね。

    そこで、中小の専門エリアをもってやっている転職エージェントを利用します。
    実績のある転職エージェントであれば、独占案件の1つや2つは持っています。
    独占案件ということは、大手転職エージェントを含め他の人材紹介会社が持っていない
    案件を担当している、ということです。

    そもそもその転職エージェントしか担当していない求人なのですから、あなたの競合は
    少ない、またはいないことにあります。独占案件を任されるくらいなのですから、
    その企業の求人について、エージェントは採用基準を熟知していることでしょう。
    そのような背景の中で、もしあなたが独占案件を紹介されたなら・・・?
    あなたが独占案件に応募する=合格したようなものです(笑)

    tenshoku_336*280
    スポンサーリンク

    BIZREACH

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Evernoteに保存Evernoteに保存

    フォローする

    にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ