【転職活動】こんな自己都合退職理由の説明は絶対ダメ!現職や前職の退職理由、過去に転職した理由、転職を検討している理由など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

転職活動をする際に必ず聞かれること。

それは、転職活動をしている理由と過去に転職した理由です。

転職活動をしている理由とは

現職の方は「なぜ今の会社を辞めたいのか」

離職中の方は「なぜ前職を辞めたのか」

ここですね。

それから、過去の転職理由で自己都合退職がある方は併せて本記事で確認してください!

こんな自己都合退職理由の説明は絶対ダメ!

基本的には、転職活動において個別事情を理解してもらうことはほぼ不可能です。
ですから、利己的な理由ととらえられてしまう可能性がある説明、回答は
全てNGと考えてください。

以下を自己都合退職理由の説明として使うことは厳禁!という理由を
良くあるケースで説明します。

会社・部署・上司・部下などの悪口をいう

これは多くの人が理解できると思いますが、面接において不平不満を言う方に
面接官が良い印象を持つことはありません。
ベストケース何も思われない、であり、ワーストケースではこれを言い放った
瞬間に落とされると思ってください。

どのような酷い事情があったとしても、だれがどう聞いても「あなたは悪くない」と
思われるような内容だとしても、会社・部署・上司・部下を悪くいってしまうのは
得策ではありません。

不平不満を持っていない人は殆どいません。みな、その不平不満を解消するように
頑張って現状打破を試みますし、不平不満はあれどうまく折り合いをつけて
やっていますよね?
ですから、不平不満を第一に挙げてしまうと、面接官から耐性がない人なのかな?
利己的な人なのかな?と敬遠されてしまうことが多いです。

事実は事実として、肝心なことは「どのようなニュアンスで面接官に伝えるか」が
重要です。面接官はあなたの前職や現職における個別事情を知りません。
あなたがどれだけ上手に説明したとしてもあなたが話していることが事実なのかどうか、
面接官には確認する術がありませんので、あなたの不平不満だけがクローズアップ
されてしまうのです。

また、自分では悪口を言っているつもりはなくても悪口になっていることや
面接官によっては悪口と捉えられても不思議ではない、という回答を
知らぬ間に話していることも良くあります。

【転職活動】面接で希望年収を聞かれたら?ベストな回答方法
転職活動、中途採用の面接のときに必ずと言っていいほど聞かれる 質問として「希望年収」があります。 希望年収はどのように回答すれば良い...

こちらのページで説明している通り、だれが聞いてもこちらが意図しない
受け取られ方をしないように準備すると良いでしょう。

人間関係の悪化

これも「会社・部署・上司・部下などの悪口をいう」と同じく、面接官に良い印象を
与えることが出来る可能性はなく、リスクだけが伴う回答です。

真実は人間関係の悪化だとしても、個人的には、こればかりは正直に言わないほうが
得策と考えています。

理由は上項と同じく、面接官はあなたのことを良く知りませんし、相手の方のことも
知りません。ですから、あなたがお話されることが真実なのかどうか、妥当なのか
どうかも判断が出来ません。

社会人たるもの、性格や人間性が合う方もいれば合わない方もいます。
一般論になってしまいますが、色々な考え方を持っている方々と総じて

うまくやる

というのが社会人としての常識です。

もし重要な取引先の方とウマが合わなかったら??

人間関係を構築できないばかりか悪化させてしまうようなことがあれば
会社にとっては大損害になり兼ねません。

そのようなリスクを負ってまであなたを採用したいのか?

となります。

ここが Yes となるほど、あなたが特殊な技能をお持ちでなのであれば、
転職理由などそもそも問題(ハードル)にはなりませんので安心してください。

大多数の方は、リスクヘッジをする意味でも「人間関係の悪化」を転職の理由と
することは避けたほうが良いでしょう。

残業時間の過多

これは会社に因るところです。

一般的には、自分の責任か他人の責任か、は問わず、仕事のミスのリカバリーや
繁忙期は残業が付き物です。残業時間が多いかどうか、多過ぎるかどうか、は
考え方に個人差があります。

あなたにとっては残業時間の過多かもしれませんが、一般的には「普通」かも
知れませんし、面接官の方にとっては?と考えていくと、一概に転職の理由として
挙げるのは危険かもしれません。

一般的に、月の残業時間が80時間を超えると過労死の危険があるといわれています。
月80時間の残業=月の出勤日が20日の場合は1日あたり4時間の残業
ですが、これは一般企業の実情において、残業時間の過多といえるほど多い、
というわけではありませんので注意が必要です。

殆どの企業で「あ~それは残業多すぎるね、大変だったね」と同情されるラインは、
月160時間以上と考えて頂ければまず間違い問題ありません。
(ただしIT業界やクリエイティブ業界を除きます)
もちろん企業によっては月80時間でも「残業多すぎるね」と共感して貰えることはあります。

月160時間を超えるということは、確実に平日はほぼ毎日残業+週末/休日も
出勤していないと計算が合わなくなってきます。
さらに、月160時間も残業がある企業の多くは、適正な残業代が支給されていない
ケースも多いので、セットで説明すれば面接官に理解してもらえる可能性は
あると思います。

それでも、面接官によっては、残業が多いのはあなたの仕事が遅いからでは?
などと穿った見方をされてしまうこともあります。

残業なし!と謳っている企業や適正な残業代を支給します!と謳っている企業へ
応募する際には、この辺りを上手に説明することで理解を得られる可能性は
高いと思います。

残業過多が理由の場合はどのように説明すれば良いでしょうか?

ポイントは、残業が多いことがトリガーになって、何か他のクリティカルな
理由を説明する、という手法がおススメです。

回答例
「現職では、朝は8時から、夜は毎日24時頃まで仕事をしている状況で、業務も
忙しいのでこれが途切れることはありません。
昨年、子供が産まれたこともあり、これからはWork/Lifeバランスを保てる
環境で仕事をしたいという希望を持っています。
そのような中で御社の求人に出会い、これまでの経験をいかして御社に
貢献出来ると強く感じましたので・・・・・。」

こんな感じでしょうか。
残業が多い状況ということは伝えていますが、不平も不満も言っていません。
ただ、希望として、Work/Lifeバランスを挙げており、ここで暗に
現職ではWork/Lifeバランスが希望にマッチしていない、ということを
伝えています。
不平、不満という形で残業のことに触れていないので、カドが立ちにくい
回答になっていること、並びに希望という言葉使い前向きな言葉として
志望動機の一つに繋げたこと、などが上記の場合のポイントになります。

家族や親族の介護に専念するために退職/離職

親族や家族の介護を理由に退職し、そのまま離職中、という方は意外と
多いのですが、一般論として、退職の理由としてはイマイチな印象に
なってしまうことが多いです。

ただし、介護を理由に、一時的に実家の近くの企業に転職したが、
介護がなくなったので復帰したい、など、転職・就業されている
ケースは除きます。

親族やご家族の介護、これは皆様にとっても大変重要なMatterであり、
やむを得ず介護に専念しなくてはならない個別事情があったのだろう、
と思うのですが、残念ながら転職活動においては不利になる回答です。
(男性の場合に限ります。また、結婚されていて、一家の大黒柱である
場合は女性の方も対象です)

(男女差別の発言ではなく、一般論として)現在の日本では、男性は
定年退職まで働き続ける、というのがまだまだ普通ですし、結婚されて
いる場合は、一家を支える大黒柱である、という印象も強くあります。

また、今後は大丈夫なのかな?またほかの親族の方の介護が必要になったら
辞めてしまうのだろうか?と面接官に思われてしまっても仕方ないですよね??

そのような中で、大黒柱が仕事を自ら失い介護に専念する、という判断は
適切ではないと考える企業が多いのは事実です。

考え方は人ぞれぞれですので、介護に専念するために退職/離職された皆様の
お考えを否定するつもりは一切ありませんが、転職活動において、
「家族や親族の介護に専念するために退職/離職」と回答するのは、
マイナス評価になる可能性が高いということだけはご理解ください。

そのうえで、回答を考えましょう。

基本的に転職活動、面接などにおいて、嘘を付くことはおススメできませんので、
事実をありのまま伝えるほかはないのですが、この場合は伝え方が重要です。

つまり、一般的には理解されない行動を取っている、ということを認識
している、ということを回答の中に入れることにより、多少ダメージを
軽減できる可能性があります。

最低限、今後介護のために退職・離職する考えはないこと、また、その
必要がなくなる理由の説明をきっちり行ってください。

回答例としては、
「私が仕事を辞めるということは、キャリアを棒に振る行為にも等しく私の
妻、子供を路頭に迷わせる可能性があるため、出来る限り前職を退職することは
避けたかったのですが、金銭的な事情から施設やヘルパーさんを頼ることが出来ず、
離職する一大決心をしました。が、今回の転職活動を通じても復職へのハードルが
思っていた以上に高いことを痛感しています。

その後、家族・親族と話し合い、金銭面の目途をつけて介護施設や専門ヘルパーの
力を借りることにしました。当人にも納得してもらったので私が介護する必要が
なくなりました。また、今後についても退職の必要がないよう家族にも了解を
得ているので仕事に専念できます」

などの説明が良いでしょう。

社長のワンマンや会社の将来性に希望が持てない

利己的、自己中心的、と思われる可能性もあるため、説明の仕方には注意が必要ですが
これを理由にシームレス(離職期間なし)に転職されている方は問題ありません。

これを理由に離職された方(転職先が決まっていないのに退職した方)は
要注意です。

詳しくはこちらで書いています。

絶対に転職先が決まる前に現職を辞めてはいけない Part1
こんにちは、SBKKです。 今日の記事はタイトルの通りです。 早期退職への応募を検討されている方や「転職活動に専念したいから」と...
絶対に転職先が決まる前に現職を辞めてはいけない Part2
本記事は「絶対に転職先が決まる前に現職を辞めてはいけない」のPart2です。 「絶対に転職先が決まる前に現職を辞めてはいけない Par...
思っていた仕事/会社と違ったため

これは要注意です。現実的な話として、この説明で1/3くらいの企業は誤魔化す
ことが出来ますが、2/3はほぼ通用しません。

それ、事前に調べられなかったの?
最悪思っていた仕事と違ったとしても、転職したのは自己責任。石の上にも三年と
いうが、モチベーションを高く持てば得られることもあるのでは?

などと言われてしまった場合は返す言葉もありませんよね。

しかも、これを理由とした自己都合退職が複数回ある方も意外といらっしゃいます。

何度も「思っていたことと違った」などという理由で転職している方は、
「同じ失敗を繰り返すなんて学習能力が低いな」「忍耐力がないのか」
「本当は違う理由があるのでは?」なんて勘繰られてしまっても不思議ではありません。

ワーストケース、1回まででしたら、「恥ずかしい話ですが、事前に会社のリサーチを
怠ったものですから、、、」と前置きをしてこれを理由にするのはセーフかも知れません。
2回以上は絶対NGです。

他の理由を考えましょう。

スポンサーリンク

面接官は転職理由や過去の退職理由のココを見ている!

面接や書類選考応募時に転職理由や過去に在籍した企業の退職理由を
確認されますが、面接官はこの質問で何を判断しているのでしょか?

ポイントは

この方を採用して長く働いてもらえるのか

に尽きます。強いて言えばもう一つ、この人は常識的な人かどうか、です。

職務経歴はあなたの性格、人間性、キャリアや人生に対する考え方を
反映している部分があります。

全ては、短期間で退職されてしまうリスクがどれくらいあるのか、を
確認するためであり、寧ろ「あ、この人は長く働いて貰えそうだな」
と思いたい、安心したいための質問だったりします。

書類選考に応募して経歴自体は見て頂いたうえで面接に呼ばれている訳ですから、
採用企業にとってもあなたを採用したい意向はあるわけです。

ですから、きっちり面接官が納得できる転職理由を説明して、面接官の
不安を払拭してあげる、というのがミッションなのです。

これは面接における全ての質問に通ずるところがあります。

なぜ面接官はその質問をするのか?を考えてみてください。

殆どの質問は、あなたを採用するうえで安心したいから です。

決して落とすための面接ではない(ことが多い)ということも
ぜひ知っておいて頂くと良いと思います。

こう考えるだけで気持ちもポジティブになりますし、的外れな回答を
してしまうことも少なくなると思います。

こんな自己都合退職理由がおススメ!

過去、現在、そして未来(将来)に一貫性を持たせて説明出来ることが
最も良い説明になります。
1社目:

新人~担当レベル ガムシャラに働いて仕事を吸収、レベルアップを実感
さらに経験を積むために英語を使った仕事をしたかったが、希望を出すも
1社目ではチャンスなし。悩んでいたところ2社目の求人を見付けたため
応募→合格、転職

2社目:

希望であった英語を使った仕事でスキルアップを実感。会社からも評価され
主任→課長に昇進。課長として3年やり、管理職としてさらにステップアップ
していきたいが、部長ポストに空きがないため転職を検討

3社目:

部長として転職成功、3年頑張り事業部長となった。さらにキャリアアップのため、
カントリーマネージャーポジションがあれば是非チャレンジしたい

美しすぎるキャリア例でスミマセン(笑)
分かりやすいと思いますが、キャリアに一貫性もあり、過去の転職理由も納得できます。
エネルギー溢れる活動を続けられている印象もありますので、CMとして更なる
貢献をして頂けそうな期待も持てる方、とまずまずの印象を与えることが出来ると思います。

また、過去~現在へのつながりはもちろん、将来の希望が応募する企業の
業務内容や企業側が期待していること、とマッチしていることも大変重要です。

ステップアップしていく、という意味では、若いころと中堅、シニアと
年を重ねる毎に考えが変わってくることは問題ありません。
しかし、初めは機械設計、合わなかったので次は電気設計、これも合わなかったので
営業に転身したけど営業も肌に合わず、、、正社員では見つからなかったので
派遣社員として製造技術をやっているが、オペレータの仕事が多くてキャリアアップ
したいので転職したい、などあれもこれも、とキャリアに一貫性がない方の場合は
そのまま説明してしまうとまず間違いなく正社員としての採用は難しいでしょう。

何とか一貫性のあるストーリーにならないか、検討してみてください。

既にやってしまったこと、事実を捻じ曲げることは出来ませんので、その場合は
諦めて取れるオプションの中で考えていくほうが現実的です。

若い方は、一貫性のないキャリアとならないように十分注意してキャリアを
伸ばしていって頂くと良いと思います。

まとめ

  • 自己都合退職の説明が利己的な理由になっていないか、客観的な視点から
    検証することが大切
  • 過去、現在、将来の希望に一貫性がある説明になっていることが重要
    将来への希望と応募する企業の業務内容、企業側が期待することと
  • マッチしていることが重要
tenshoku_336*280
スポンサーリンク

BIZREACH

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ