【転職活動・退職手続き・方法】円満退職は事前準備が重要!退職の進め方や退職届を出すタイミング、気を付けるべきポイントとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

「円満退職」・・・転職される方の多くがこれを望みますし、我々転職エージェントも
転職先企業の方々もこれを望んでいます。

今回は円満退職をするための退職手続きについて、進め方、流れをご案内いたします。

直属の上司・上長に口頭で退職の意を伝えてから退職届を出す

まず、直属の上司の方に口頭で退職の意をお伝えください。
その際、特別仲の良い上司でない場合は、一身上の都合で、と理由付けて頂くことでOKです。

新天地=転職先について聞かれると思いますが、「落ち着いた頃に改めてご報告/ご挨拶
させて下さい」として頂くことで通常は上司の方にご理解頂けると思います。
上司の方に口頭でお伝えになった後、または同時に退職届を提出します。

仲の良い上司、お世話になった上司、本当に信頼出来る上司の場合は勿論形式的な
話で片付くはずがありません。ので、この時点でしっかり自分の気持ち、転職意思を
伝える必要があります。
ポイントは、現職に対する不満を言うのではなく、将来の目標、やりたいことを
実現するためのステップアップだ、と説明することです。
熟考したうえで出した結論だ、ということも伝えてください。
勿論、それなりのストーリーが必要になります。暗に現職では事業や組織上の都合で
実現できないから、ということを伝える内容でも良いでしょう。

この後、直属の上司から部門長などへエスカレーションされますが、
強い慰留、引き留めやカウンター・オファーなどがあると思います。

こういった引き留めに対しましては、
「会社には大変お世話になり、感謝しています。私の夢を実現するため、私なりに
熟考して決めたことなので、大変申し訳ないのですが、何卒ご理解を賜れますよう
お願い致します」
など、感謝の意を示しつつ、退職意思が固いことを伝えて頂くと良いと思います。
強い決意をもって退職手続きに入って頂くこと、が大きなポイントとなります。

退職希望日は口頭で伝えつつメールでも送ること

希望退職日についてもまずは口頭でお伝えになると良いと思います。
後の退職日・入社日交渉のためにバッファを残しておくために、まずは
ちょっと無理かな、と思うような日程をお伝え頂くと良いと思います。

言った言わない、聞いた聞いてないの話を避けるため、メールでもエビデンスを
残しておくことが鉄則です。
が、勿論ケースバイケースですよ。
人間関係がありますので、無理にエビデンスを残すような振る舞いをすると
角が立つようなこともありますので。

スポンサーリンク

引き継ぎ内容、退職日の調整・設定

退職日設定のポイントになるのは引き継ぎです。

会社としては業務の引き継ぎを完璧に終わりにしてから退社して
欲しいと考えます。

引き継ぎ内容は会社と相談して決めるべきことではありますが、
引き継ぎを完璧に終わらせるということを原則として話を進めてしまうと、
いつになっても退職が出来ない、ということになってしまい兼ねません。

ので、通常は退職日を先に決定して、その間に
「出来る限りの引き継ぎを実行する」
という考え方をお勧めします。

× 引き継ぎには最低○○か月掛るから退職日は○○ヶ月後で・・・
○ 退職日が○○日なので、それまでに出来る引き継ぎをやろう

退職日交渉のなかで、上記のような展開になると思いますので、
交渉のポイント、考え方の違いなどをうまく説明しながら退職日を
設定していくと良いと思います。

退職日の設定はお互いに相談のうえ決めるべきことです。
こちらの要求を一方的に突き付けるのも良くありませんし、調整や交渉をせずに
現職企業側の要求を飲んでしまって予定の退職日より大幅に遅れる、という事態も
避けたいところです。

双方歩み寄りをして退職日を決定させる、というスタンスが重要であり、
だからこそ、初めうちは譲歩する分の日程を予定しておくこと
交渉の重要なポイントになります。

お世話になった方に挨拶をする

最後に社内外でお世話になった方々への報告の仕方について、です。
感謝の意を伝えることは勿論ですが、この時に転職先については
ひとまず伏せた方が良いかと思います。

どこでどのようなつながりがあるか分かりませんし、実際にある方は
転職を羨ましがられた結果、嫌がらせをされて内定が取り消しになって
しまったケースもあります。
(転職予定先にありもしない架空の悪い評判を吹き込まれてしまい、
それを信じてしまった転職先企業が内定取り消しをした、というケースでした)

上司の方へお伝えになる際と同様、「この先のことについては、
落ち着いた頃に改めてご報告/ご挨拶させて下さい」とだけお伝えに
なると良いと思いますし、大抵の方はご理解頂けると思います。

tenshoku_336*280
スポンサーリンク

BIZREACH

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ