転職成功の鍵(カギ)は転職エージェントにあり!プロのサポートと非公開求人等、「情報」がポイントです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

御無沙汰しております。
久しぶりの更新となってしまいました。

2016年秋、少しずつ日本でも「転職をする」ということが一般的になりつつあると感じます。

さて、今回は「転職成功の鍵」についてお話ししたいと思います。

「転職をしようかな」と思ったとき、皆さんでしたらどんなアクションを取りますか?

  • 転職サイトに登録する
  • ウェブで求人情報を探してみる

この辺りのアクションを取られる方は多いでしょうか。

周囲に転職経験者がいる場合は、知り合いに相談する、という方もいらっしゃることでしょう。

私のオススメは、「自分に合う、プロの転職エージェント」を見付ける、というアクションです。

大袈裟でもなく、また、私が転職エージェントだから、ではなく、お伝えしたいのですが、
転職エージェントを利用するメリットは、皆さんが思っている以上に大きいものです。

転職エージェントを利用するメリットは、一言でいうと「情報」です。

転職活動は情報の量と質が重要

一部の方を除き、転職活動を成功させる上で無くてはならないもの、それは情報です。

  • 求人(一般公開)/非公開求人情報
  • Webでは調べられない企業情報
  • 書類選考や面接時の評価情報(企業側の本音)
  • あなたの競合となる他の候補者情報
  • 面接官情報
  • 面接内容情報

これらの情報がなぜ重要なのか、以下にご説明致します。

非公開求人情報

プロの転職エージェントは、Googleでどんなに調べても決して出て来ない、
非公開求人を持っています。

非公開求人情報とは、一般企業が自社Websiteなどで公開公募している求人情報以外に
募集している求人のことです。

非公開求人情報は、会社名が非公開となっている求人が多いのですが、人材紹介会社が
転職サイトに掲載していることが良くあります。

大企業の募集ポジションも非公開求人として出回っていることが良くありますが、
自社のホームページで募集をしても応募者が集まらない企業、所謂知名度が低い
中小企業の募集ポジションが中心であると思っていただいても大よそ外れでは
ないと思います。

大企業はネームバリューがありますので、求人情報を広告として出せば応募者が集まります。
が、一部のニッチなポジション、専門性が高く就業人口が少ないポジションなどは、自社募集と
並行して人材紹介会社に求職者紹介を依頼して採用しようとします。

一方、中小企業は求人広告を出しても応募者が集まりませんので、初めから人材紹介会社に
依頼することが良くあります。

プロの転職エージェントは必ず非公開求人を持っていますし、それはエージェントしか得られない
求人情報なのです。皆さまにとっては貴重な情報と言えるかと思います。

採用企業の裏情報、企業の本音情報

プロの転職エージェントは、面接官の人柄、選考における趣向、
想定される質問を把握しています。

プロのエージェントは、必ず採用企業について詳しく知っています。

  • 採用可否は誰が、どういう基準で決めるのか
  • 組織上の都合や公には出来ない裏情報
  • 上司や同僚となる方々の力量、略歴、性格など人物情報

などなど。

これらは全て、書類選考~面接など、選考全般における対策を立てるためにとても重要な
要素となるのです。

応募書類・面接の対策情報

プロの転職エージェントは、皆さんがどのような応募書類・面接の対策をすれば
合格するか知っています。

上項の通り、プロのエージェントは採用ニーズ詳細を把握しています。
そのうえで、どのように応募書類を作ればPRになるのか、書類選考合格となるのか
知っていますので、この情報は応募書類作成を作成するうえで非常に役に立つのです。

転職成功のカギ=応募書類にあり! と言っている記事なんかも目にしますが、そもそも
合格する応募書類を作成するためには採用企業側のニーズ詳細が分からないことには
始まりません。
ですから、転職成功のカギは、やはり「情報」、これに尽きるのです。

面接も同様です。面接は応募者によって対策が変わります。
書類選考で伝えられることに加えて、あなたの人物的要素、キャラクター的要素が入って
きますし、同時に面接官のそれとの相性があるからです。
ですから、アドバイスをさせて頂く内容は毎回変わってきます。
こういった情報があってこそ、効果的な面接対策を立てることが出来るのです。

マッチング精度が高い

プロの転職エージェントは、初回面談時には皆さんが応募する企業に
合格するかどうか、大よそ分かっています。

企業ニーズを正確に把握するとともに、プロのエージェントは、その応募企業におけるあなたの
人財評価も高い精度でマッチングすることが出来ます。

マッチングというと少々偉そうに聞こえますね。。。
誤解の無いよう申し上げておきますが、我々プロのエージェントは、皆さまを「評価」して
いるのではないのです。各企業のニーズにマッチしているかどうか、それを判断している
だけなのです。

企業ニーズは状況に応じて日々変化しています。

  • 募集の緊急性
  • 募集の優先順位
  • 適した候補者(選考中)の有無や人数

などなど。

我々、採用企業と密に連携を図っています。
よって、採用企業側の状況をタイムリーに把握しています。

以上のような背景があるため、いま、あなたがこの募集ポジションに応募したらどれくらいの
確率で合格するのか、プロのエージェントであればかなり高い確率で分かるものなのです。

スポンサーリンク

独占案件情報

プロの転職エージェントは、必ず独占案件を持っています。

プロの転職エージェントは、企業の採用担当者から頼られる存在です。
私たち転職エージェントは、クライアント企業とは成功報酬型の契約をすることが殆どです。
よって、どの企業様の案件にどの程度注力するのか、自由に決めることが出来ることが多いのですが、
企業側からすると「うちの案件を最優先にしてくれ!」となりますよね?

転職エージェントにとって、競合他社の存在は脅威になります。
どの案件にどの程度注力するか自由に決められるからこそ、注力した案件を他社経由で決められて
しまうと仕事にならないからです。

このような時、我々はクライアント企業に独占契約を提案します。
独占案件とさせてもらうことが出来れば、他社経由でポジションをFillされてしまうリスクを
排除できるので、本当の意味で注力することが出来るのです。
しかしながら、転職をする皆様にとっては、厳しいエージェント裏事情となると思います。
が、世の中には表に一切出ない求人情報が存在し、誰も知らないところで採用が決定している、
そんなことが当たり前にあるということを是非知っておいてください。
だからこそ、独占案件を持っているプロのエージェントの「情報」に価値があるのです。

エージェント、つまり我々はあなたの「代理人」です

プロの転職エージェントは、あなたの「代理人」として、あなたの
メリットが最大化するような交渉をしてくれます。

我々転職エージェントは、採用企業の代理人であり、同時に皆さま求職者の方の代理人でもあります。
転職エージェントの力量にも因るところですが、プロの転職エージェントであれば、求職者の
皆さまに寄り添ってサポートをしてくれる方が多いでしょう。

ビジネスの特性上、人材紹介会社の顧客は採用企業、クライアント企業ですから、クライアントを最優先に考える、なんてことは当たり前です。
そのうえで、更に一歩先を見ている転職エージェントは、必ず皆様の代理人として強力なサポートをしてくれることでしょう。

ここは弁護士のようなもので、求職者の皆さんにとってメリットが最大化するようにあらゆる面でクライアント企業と調整、交渉をしています。
勿論、最優先すべきことはスムースに転職することなので、「破談にならない範囲で調整・交渉」をする、ということになります。

これも上で説明したように、企業側の本音、諸事情を正確に把握していないと出来ないことです。

終わりに

世の中、転職エージェントは沢山いますが、プロフェッショナルと言える
エージェントは限られています。
まずはプロのエージェントを探すこと、そのうえで自分に合う方が見つかれば
いうことありません。

また、知人・友人から紹介してもらう、というのも非常に良いと思います。
どのような業種でもそうだと思いますが、〇〇さんからの紹介というだけで
その担当者にとってはPriorityが上がることが多いですし、紹介者の方の
失礼にならない様、評判を傷つけぬよう丁寧なサービスを提供しなくては、
と思うものです。

そのエージェントがプロかどうか、を見極めるのは、繰り返しですが
情報の質と量です。
(勿論、きめ細やかなサービスを提供できる、ということは大前提です。)

tenshoku_336*280
スポンサーリンク

BIZREACH

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ